三国徒然桜日記

桜瀬えりかの三国志大戦な日記。 愛用カードは司馬一家と魏軍師。武力より知力重視v

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sweet / bitter

少し困ったような笑顔とともに差し出された箱を前に
思わず溜息がひとつ。

甘い香りを放つ「それ」には
黒い物体、としか言い様の無いものが入っていた。


「ごめんね、ちょっと失敗・・・かな」


****** ▼ 追記記事 ▼ ******

「ちーちゃんに試食してもらったときは
 おいしいって言って貰ったんだけど」
「子建の奴・・・。」

いろいろな意味で癇に障る弟だ。
あとで何か報復しておかねば。

それはさておき。
本人に失敗したという自覚があるのなら
今後上達する余地はあるのだろう。そう思いたい。

傍に置くようになってから知ったことだが
甄は特に器用なわけではなかった。
とりわけ料理に関しては。

が、しかし。

正直これほどのものとは思わなかった。

溶かして固めるだけのものが
どうしたらこうなってしまうのだろう。
原型などは留めておらず
かろうじてその香りにのみ
元の材料の名残を感じることができる程度だ。

「甄よ・・・これの中に・・・その、何か入れたのか?」
「えっ?え~と・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛情とか?」

駄目だこいつ。早く何とかしないと。
そんな言葉がふと頭をよぎる。

そこへ、新たな来訪者が現れた。

「子桓様、お渡ししたいものが・・・あら」

――郭皇后。
よりによって今一番来てほしくない人物の1人とは。
まったく、厄介事というのは
時節が重なるようにできているのだろうか。

「甄姉さま、何ですのそのゴミは?」
「ななな何ですって!?」
「子桓様、そのようなものを口になさってはいけませんわ」

そういうと、郭もまた小さな箱を取り出し
蓋を開けて見せた。
中に入っていたのは
凝った細工の施された、甘い香りを放つ菓子。

「郭よ、これは?」
「最高の食材と最高の技術で用意させた
 まさに至高の一品ですわ」

誇らしげに微笑んでみせる。
明るい甄とはまた違った美。
女王の名に相応しい、華のある美しさだ。

負けじと甄が声を上げる。

「わっ私のは心のこもった手作りなんだから!」
「ふん。食べられなければ意味がないでしょうに」

溜息がまたひとつ。
やれやれ、始まってしまったか。

差し出された二つの箱から
一つずつ菓子を手に取り
同時に口に放り込む。

「・・・悪くない」

口の中に広がる、甘くて苦い味。

「引き分けだな」

2人が顔を見合わせる。

「子桓様がそう仰るのなら・・・」
「仕方ないですわね」

少々行き過ぎるところはあるが
自分を想うが故の行動。
そう思えば可愛いものだ・・・・・・たぶん。


もっとも

できることならもう少し仲良くしてくれれば助かるのだが。


プロフィール

桜瀬 えりか

Author:桜瀬 えりか
==============
君主名「暁姫」(あかつき)
 氷嘲笑使い  司空
  「戦う軍師応援」所属
チーム内では司馬家担当らしい
==============
~司馬一族至上主義~
・知力>武力
・弓≧騎馬>>>>>槍≧歩
・伏≧魅>柵>>募>勇>活
 乱の使い方を教えてください

かうんたー

リンク
武将占い

3月27日更新。司馬懿タイプらしいよ!

時 計

メインパーティ

@げーむず

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ひとことこめんと

カテゴリー
最新の記事
★管理人に伝令★

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。