三国徒然桜日記

桜瀬えりかの三国志大戦な日記。 愛用カードは司馬一家と魏軍師。武力より知力重視v

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainy day 【前編】

「一雨来そうですねぇ」
心なしか、幾分嬉しそうに公達が言った。

「…打って出る。早めにカタをつけるぞ
「えぇっ!?雨を待たないんですかー?」
「向こうには落雷があるだろう。それに」

振り返らないまま
聞こえるか否かの小さな声で呟く。

「雨は好かん」


あの日もちょうど
こんな色の空だった――

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

 †

朝はあんなに晴れていたのに
にわかに現れた雲が
またたく間に空を覆ってしまった。

「…最低」

昼食が終わったら
市へ買い物に行くつもりだったのに。
雨の中を出かける気にはなれない。
降り出したら、午後からの予定を変えなくては。
そう思いながら、窓の外を見た。
しかし、空模様よりも気になるものが
先に視界に飛び込んできた。

「…仲達さま……?」

目にしたのは
沢山の書物を抱えて
部屋に戻ろうとしていた夫の姿。

そういえば、今朝は天気が良いから
部屋の書物を虫干ししておくよう
指示している声がしていた。
あの中には
随分苦労して入手した
貴重なものも含まれているから
今にも降り出しそうな空を見て
慌てて出てきたのだろう。

でも

「病に伏せって立てないクセに」

伏せっている、とは言っても
普通に歩くことも走ることもできる。
そもそも病など患ってなどいないのだから。

このところ、頻繁に曹操から
士官を求める使者が来ていた。
それを断るために仮病を使っているのだ。
だというのに

「あのような姿、
 人に見られでもしたら
 どうなさるつもりかしら。」

もっとも、屋敷を囲む塀で
中庭は死角になっており
外からは見えない。
急な来客でもなければ
人目につくことはないだろう。

視線を部屋に戻そうとした時
視界の端で何かが動いた気がした。
嫌な予感。
もう一度外の様子を伺う。

それは最近使うようになった下女だった。
驚いた顔で、主の動向を見つめている。

面倒を起こさぬため
仲達さまの部屋には近づかないよう
何度も言いつけておいたのに

どうしてここにいる?

それより
夫はまだ、気づいた様子はない。

何とかしなくては

いても立ってもいられなくなった。
考えるより先に
二人の元へと駆け出していた。

無意識のうちに
部屋に飾られていた
宝剣を手にして…

 † †

人の気配。

振り向くと
何者かが柱の陰に隠れるのが見えた。
それが誰であるかはすぐにわかった。

私は今
病で動けないことになっている。
仮病であることを知っているのは
妻である春華ただ一人。

慌てて隠れたということは
“見てはいけないものを見た”
そう気づいたのだろう。

さすがにあれが
曹操の手の者とは思えないが
見られたからには
何か手を打たなければ。

口止めに金を掴ませる?
しかし一度渡してしまえば
そのまま強請られることになりかねない
忠義に篤い古参の者ならばともかく
まだ仕え始めて一月にもならない小娘。
何かの間違いで
口を滑らせることも有り得る。


より確実な方法。

無いこともないが
あまり気は進まない。

さて、どうするか。

私は気づかなかった素振りで
再び歩き出した。
最大限の意識を後方へ向けて。
どんなに押し殺していても
素人が気配を消しきれるものではない。

物陰からこちらを伺い
私が部屋に戻るのを見届け
やがて足早にその場を立ち去る。
どうやら自室へ戻ったようだ。

逃げ出さなかったということは
事の重大さを理解していないらしい。
下手な口止めなどすれば
すぐに【たちの悪い噂話】が
まことしやかに
囁かれることになるだろう。


覚悟を決めるしかない、か。

空は鬱な心中を映すかの如く
厚い雲が陽光を遮り
辺りは昼過ぎとは思えぬ暗さだ。

雨が降り始めていた。

どうせ降るなら
大雨になればいい。
多少の物音など
かき消してしまうほどに…


【続きます】


プロフィール

桜瀬 えりか

Author:桜瀬 えりか
==============
君主名「暁姫」(あかつき)
 氷嘲笑使い  司空
  「戦う軍師応援」所属
チーム内では司馬家担当らしい
==============
~司馬一族至上主義~
・知力>武力
・弓≧騎馬>>>>>槍≧歩
・伏≧魅>柵>>募>勇>活
 乱の使い方を教えてください

かうんたー

リンク
武将占い

3月27日更新。司馬懿タイプらしいよ!

時 計

メインパーティ

@げーむず

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ひとことこめんと

カテゴリー
最新の記事
★管理人に伝令★

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。